トイレが近くて困る…!神経性頻尿の原因と対処法

“乗り物に乗っているときや会議中など、トイレに行けないタイミングほど尿意を催してしまう……。そんな症状にお悩みの方は神経性頻尿が疑われます。

神経性頻尿とは体に異常がないにも関わらずトイレに行く回数が増加してしまう病気で、原因は体ではなく心にあります。尿意を我慢して苦しい思いをしたり、あるいは人前で恥ずかしい思いすると、以後の生活で「予期不安」が生じます。

トイレに行けない状況に置かれるとまた尿意を催してしまうのではないかと心配になってしまい、気にしすぎてかえって尿意を催してしまうのです。

では神経性頻尿が疑われる場合、どのように対策をすればいいのでしょうか。まずは一日の排尿記録をつけ、どのような場面で尿意が近くなるのか把握します。把握しておけば事前に心の準備ができるようになるので予期不安にもある程度対処ができます。

次に尿意を我慢する膀胱トレーニングを行いましょう。最初は30分、次に45分、1時間…と時間を徐々に伸ばしていくのが効果的です。またノコギリヤシのように頻尿を改善する頻尿おすすめサプリメント~妊娠時や更年期~もあるのでぜひ試してみてください。

 

脳卒中から尿路感染症になる

脳卒中の症状に排尿障害があり、排尿反射が起きるためです。排尿反射とは、膀胱に尿が溜まっている度に反射的に排尿をしてしまいます。このため、1日に何度もトイレに駆け込む事があります。

排尿のタイミングをコントロールしないといけないが、脳が排尿のタイミングをコントロールしているので機能が上手く働いていないと難しいです。脳卒中になると大脳や脳幹等の神経がダメージを与えられるので、膀胱に尿が溜まった時に膀胱や尿道を縮めたり緩めたりする事が出来なくなります。

この事から、尿を我慢したくても出来なくなります。対応としてはカテーテルを使用する場合があり、尿道口からカテーテルを挿入して膀胱に到達させて尿を体外に排出していきます。

ただしカテーテルを長期間付けていると、排尿機能が低下したり尿路感染症等の細菌の病気にかかりやすくなります。出来る限り早い段階で、一定期間ごとに管を入れたら抜くようにして排尿機能が回復するようにします。

 

過活動膀胱にはぺパカボチャ

頻尿には、色々な原因があります。若い頃はおしっこの悩みがなかった人も、高齢になってくると思うように出なくなったり、残尿感があったり、我慢できなくなったり、何度もトイレに行きたくなったりと、頻尿になってしまいます。

少しでも症状を和らげていくためには、ぺパカボチャのサプリが効果的です。男性にも女性にも効果があります。おしっこの悩みに穏やかに効いてきて、頻尿でトイレに行く回数が減ってきます。

頻尿の中でも、過活動膀胱はつらい症状です。ひどいときには我慢できなくて、おしっこを漏らしてしまうこともあるからです。この過活動膀胱にも、ぺパカボチャは有効です。

薬を飲んで直すことも有効ですが、恥ずかしくてなかなか泌尿器科に行きにくいときには、サプリを利用するのも効果が期待できます。

ボウフウは、生薬です。ボウフウの根や寝茎を乾燥させたものです。痛みを和らげてくれる効果が期待できるので、排尿時の痛みを緩和してくれます。